宣伝費をネット広報にまわせ

企業の広報担当者向けに書かれた本。いまだに、「記者と仲良くしろ」と先輩から言われる広報担当者が多いという。そんな旧態依然とした広報活動ではこれからの情報化時代を企業は生き残れない。企業のプロモーション活動がマスコミだよりからの脱却を目指しているなか、広報の部署が一番情報を持っていない。なのに、コーポレートサイトは広報が面倒をみている状況に苦言を呈している。費用対効果の見えずらいマスコミへの広報活動から、Web中心のSNS、ブログ、ニッチメディア等へのシフトを提案する内容。また、その核となる「コーポレートサイト」の重要性を説く。マスコミ学科の大学生の教科書的な文面でやや堅苦しい感じはするが、企業広報の担当者およびニッチメディアの運営担当者などは読んでおくと全体が見えて良いと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)